News

Set Dancing Weekend with Pat Murphyはいよいよ明日、金曜日からスタートします!

9月4〜5日にはセットダンス・ワークショップ3回(最後のWS後にはミニ・ケーリーも予定!)、9月6日にはダンスに関するレクチャー、ケーリーバンド・コンペティション、ケーリー・モアと盛りだくさんです。
日本初の試みとなるケーリーバンド・コンペティションでは各バンドが指定された音楽の種類(今回はリール、ジグ+αの3種類です)の曲を選び、ケーリーバンドとして演奏いたします。審査員は音楽の経験も長いパット・マーフィー氏です。現在、息の合った演奏を披露すべく、各バンドとも猛練習中です。

このコンペティションは音楽に興味をお持ちの方にとって全国から集まるミュージシャンと音楽を知る貴重な機会になることでしょう。エントリーした7バンドをひとつずつ、紹介していきます。

最終回はけんちゃんバンドです。

若いミュージシャンが集結「けんちゃんバンド」

 

健ちゃん、こと熊谷健一さんはミュージシャンとして活躍するだけでなく、CCÉジャパンのセット・ダンス・クラスの常連でもあります。

アイルランドでも音楽とダンスの修行を積み、(現地セット・ダンス仲間からの)噂によるとアイルランドでも日本人若手ダンサーとしてかなりモテモテなようです。

セットを知り尽くしたダンサーだからこそ、ケーリーバンド・ミュージシャンとしてのポテンシャルが高いのです。

 その健ちゃんが若手ミュージシャンを中心に声をかけて結成されたのが「けんちゃんバンド」。若手の中にはジュニア年齢層も含まれるため特別枠での参加です。

大胆にも「下の世代のパワーを見せつけます!」と宣言してくれました。


さて今回のエントリーの中でおそらくもっとも平均年齢が低いバンドがベテラン揃いのライバルたちにどう挑むのか…今回のコンペティションの見所のひとつといっても過言ではありません。

DSC_1914(山下理恵子)

 

フルート:熊谷健一、山田直也

ピアノ:中山裕佳

ドラムス:山口曜人

フィドル:永田太郎、金子綾、曽武川のえる

コンサーティーナ:吉田万紀

WordPress Lightbox Plugin