News

Category: Fleadh

6月に開催されましたFéile Tokyo 2017 コンペティションの審査の結果、8月にエニスで開催される
Fleadh Cheoil na hÉireann(フラー・ヒョール・ナ・ヘーレン)本選への参加資格は以下の方に決定しました。
 
 
 
審査基準は、各カテゴリーの2位以内かつ得点率が90%以上(*)の方が
該当として選考されました。
 
本選が行われるFleadh Cheoil na hÉireannの日程は8/13~21となります。
アイルランドへ行かれる皆さんの健闘を心よりお祈り申し上げます!
 
 

Fleadh Cheoil na hÉireannオフィシャルサイト
 

 ★コンペティションの予定(詳細日程は8月上旬に発表になる見込み。各自で確認をお願いいたします)


 

1)音楽コンペティションの基準得点率について

 

本部の方針で、今年は以下の得点率が採用されました旨が、先日の結果発表通知後の

日本からの問い合わせに対して説明がありました。

 

(本部より)

The 90% qualification mark was used as a criteria this year 

due to the fact that the number of qualifiers from all of the 

regional Fleadhs in Ireland, USA and UK has been reduced 

this year from 3 to 2 qualifiers in each competition.

 

Thus with all the competitions having a smaller number at 

the All Ireland Fleadh in Ennis, it is important to have an 

appropriately high standard amongst all the qualifiers.

 

(訳)

今年の基準として得点率90点が採用されたのは、アイルランドの地方予選、

アメリカ、 英国での選出する人数を今年は3名から2名に絞ったためです。

結果として、エニスでの本選に参加する人数も少なくなります。予選通過者

の基準を高くすることが肝要であるためです。

 

 

2)日本の予選結果通知について

 

昨年の予選では、1位または2位以内かつ得点率が85点で予選通過であったことから、

数名の方からお問合せをいただきました。本部に問合せをしたところ、以上のような

回答がありました。

 

CCE JapanのFacebookに本部からの結果発表を発表した時点で、当初85パーセントと

記載しましたが、得点率が90点以上であると修正しました。

発表時点の運営側の確認不足のため、一部の方に疑問を持たれ、ご心配をおかけする

結果となったことを心からお詫び申し上げます。

 

個別にお問合せのあった方へは、本部へ問合せをしていることと、その回答をお知ら

せいたしました。

改めて、参加者の皆さまにも、運営の不備によるご心配、ご迷惑をおかけしたことを

お詫び申し上げます。

 

運営上の不手際については、実行委員会の反省会の議題にも取り上げ、今後の運営の

見直し、改善に努め、今後このようなことのないようにいたします。

 

ご意見、お問い合わせがございましたらこちらご連絡ください。

 

今後とも引き続き、ご理解とご協力をいただけますようお願い申し上げます。

 


 
 

Fleadh Cheoil na hÉireann Inis 2016 無事閉幕しました。

日本人ミュージシャンの参加、特に2つものバンドが参加したことは現地メディアでも多く取り上げられて大変な話題となりました。

個人では豊田耕三さんがホイッスル スローエア 18歳以上の部門で3位入賞を果たし、これも日本人初の快挙となりました。おめでとうございます。

All Ireland(コンペティション) 全結果はこちら

その他のミュージシャンも現地では多くの称賛の声を得て、それぞれに興奮と感動、そして自信を胸に帰国されたことと思います。本当にお疲れ様でした。

ここでは、彼らの活躍の一端が見られるメディアをまとめてご紹介したいと思います。

・BBCニュース:Fleadh cheoil: From Tokyo to County Clare

(Toyota Ceili Bandが紹介されました。)

・Fleadh TV Facebook

(Takaさんの演奏が紹介されました)

・Shannon Airport Facebook 

(Bunratty Folk ParkでToyota Ceili Band とTaro Ceili Bandが演奏している様子が紹介されました。本当はFleadh TVの取材でしたが、放送では10数秒にカットされていたので少し長めのこちらをシェアします)

・Fleadh TV 

(Takaさんの演奏が18:30ごろから紹介されています)

・You tube

(Toyota Ceili Bandがお祭りのステージで演奏している様子)

 

(Taro Ceili Bandの記録映像)

8/13(土)に開催した壮行会 / Fund-Raisingミニコンサートには77名が参加し、おかげさまで成功を収めることができました。改めて御礼申し上げます。

集まった募金額は入場料も含めて¥221,215+€120 となりました。

いよいよ本日、8/14よりFleadh Cheoil na hÉireannが始まります。参加される皆さんの旅の安全と、Fleadh Cheoil での健闘をお祈りしております!

0813_03 (1) 金塚会長による挨拶   0813_02 出場者の紹介

 

0813_08 大使館より、外交官Rory Conatyさんの挨拶 

0813_Taka Takaさんの演奏

0813_Kozo 豊田耕三さんの演奏 0813_Tomoyo 須貝知世さんの演奏

0813_Taro Taro Ceili Bandの演奏

0813_Toyota Toyota Ceili Bandの演奏

0813_09 ミュージシャン全員によるセッション

0813_10          

来場者とともに。

先日のコンペティションの審査の結果、8月にエニスで開催される
Fleadh Cheoil na hÉireann(フラー・ヒョール・ナ・ヘーレン)本選への参加資格は以下の方に決定しました。
Qualifier2016
審査基準は、各カテゴリーの2位以内かつ得点率が85%以上の方が
該当として選考されました。東京での審査結果をもって、開催地
エニスでの追加オーディションは不要となりました。
アイルランドへ行かれる皆さん、是非頑張って来てください。
日本支部からの初参加に本国のCCÉも期待しているとのメッセージを頂きました。

コンペティション出場者の演奏は下記URLからご覧いただけます。
Please see below for Feile Tokyo 2016 Competition.


Fleadh Cheoil na hÉireannオフィシャルサイト
Fleadhlogo
 
★コンペティションの予定(詳細日程は8月14日ごろに発表になる見込み。各自で確認をお願いいたします)
8月20日 Duet, Torio
8月21日 個人、ケーリーバンド
WordPress Lightbox Plugin