Féile Tokyo コンサート & ケーリー

CONCERT

Comhaltas Night

コンサート

6.16

(Sat)

18:00 – 20:30

出演 Oisín Mac Diarmada & Samantha Harvey
Liam O’Brien, 高橋創
会場 早稲田奉仕園 リバティホール
前売 一般 3,000円 / 学生 2,500円 / 会員 2,500円

 アイルランドを代表する奏者、オシーンの優美でダイナミックな演奏、サマンサの明るく軽快なピアノ伴奏と華やかなダンスステップをじっくりと堪能できる贅沢な時間です。

 さらに今年はゲストとして、2017年グラダムキョール新人賞(アイルランド伝統音楽のグラミー賞に相当)を受賞した若手コンサーティーナ奏者リアム・オブライエンと盟友であるギタリスト高橋創が加わり、勢いのあるデュオの演奏も楽しめます。ここはアイルランドかと錯覚するような空間、Féile Tokyo の目玉ステージをお見逃しなく。

CÉILI

ケーリー・モア

Céilí Mór

6.17

(Sun)

17:30 – 20:30

演奏 Toyota Céili Band 他
会場 Tokyo Concerts Lab.
前売 一般 1,500円 / 学生 1,500円 / 会員 1,500円

踊りにおいでよ!アイルランドのダンスパーティ

 ケーリー(Céilí)とは、音楽とダンスを楽しむ社交的なイベント、つまりダンスパーティです。モア(Mór)とはアイルランド語で“大きな”という意味。ケーリー・モアは“大きなケーリー”ということです。

 ケーリーで主に踊られるのは”セットダンス”と呼ばれる4人一組や8人一組で踊るグループダンス。バリエーション豊かで一度踊るとハマる人も多く、日本でも徐々にセットダンスの人気が高まっています。

 バンドの生き生きとした生演奏で踊っていると、知らない人同士でもいつの間にか笑顔で肩を組んだり手をつないだりして一緒に楽しんでいることに気が付くでしょう。ダンスに自信がなくても大丈夫。一人でも大丈夫。ぜひ踊りに来てください。沢山の人が集まれば集まるほど、ケーリーは楽しくなるのですから!

 通常、ケーリーでは1つのバンドが演奏することが多いのですが、今回のケーリー・モアではなんと“複数のバンド”でお届けします。バンドごとの演奏の違いを楽しめるのも、今回のケーリー・モアの魅力です。(他の演奏バンドは、決定次第アップしていきます)

Toyota Céilí Band

 日本に於けるケーリー・バンド主導の定期的なケーリーの開催を望む根強い声に押されて、2011年6月に結成。定期的にケーリーを主催するケーリーバンドとしては日本初。ほぼ毎月アイリッシュ・ダンスのイベントを開催している。2015年、日本初のケーリーバンドコンペティション(非公式)、Pat Murphy杯優勝。2016年、アイルランド伝統音楽最大の祭典、Fleadh Cheoil na hÉireann(フラー・ヒョール)での本選出場のためのFéile Tokyo (フェーレ)での予選におけるケーリーバンド部門で優勝。同年8月にアイルランド本国で開催されたフラー・ヒョールのケーリーバンドコンペティション本選にTaro Céilí Bandと共にアジア圏から初めて出場し、コンペティションでスタンディングオベーションを受け、現地の聴衆、メディアから絶賛された。

続きを読む  
WordPress Lightbox Plugin