News

Set Dancing Weekend with Pat Murphyはいよいよ今週金曜日からスタートします!

9月4〜5日にはセットダンス・ワークショップ3回(最後のWS後にはミニ・ケーリーも予定!)、9月6日にはダンスに関するレクチャー、ケーリーバンド・コンペティション、ケーリー・モアと盛りだくさんです。
日本初の試みとなるケーリーバンド・コンペティションでは各バンドが指定された音楽の種類(今回はリール、ジグ+αの3種類です)の曲を選び、ケーリーバンドとして演奏いたします。

審査員は音楽の経験も長いパット・マーフィー氏です。現在、息の合った演奏を披露すべく、各バンドとも猛練習中です。

このコンペティションは音楽に興味をお持ちの方にとって全国から集まるミュージシャンと音楽を知る貴重な機会になることでしょう。エントリーした7バンドをひとつずつ、紹介していきます。

六回目は Dai Komatsu Ceili Band です。

クレアの音楽をこよなく愛する「Dai Komatsu Ceili Band

 

名古屋ご出身の小松さんは、現在フィドル奏者としてライブに音楽レッスンにと幅広くご活躍中ですが、彼のアイリッシュ・ミュージックでのフィドルの師はクレア地方、フィークル出身のパット・オコナー。このため、彼自身もクレアのセット・ダンサーが好むリズム感溢れる「リフト」のある、ステップを刻むのに心地よい演奏してくれるミュージシャンとして人気を得ています。CCÉジャパンで6月に開催した「I LOVE CLARE CEILI」も好評を博しました(多くの要望に応えて、次回ケーリーは1025日開催を予定中)。

 今回は名古屋在住のピアニスト、大河汐里さんと結成したバンドで出場します。彼らの世界観がギュッと詰まった演奏を誰もが楽しみにしていることでしょう。東京での活動の機会も広がっている注目ミュージシャンのケーリーバンドとしての演奏を堪能できるまたとないチャンスです。

(山下理恵子)

 

フィドル:小松大

ピアノ:大河汐里

 

http://daikomatsu.com/

WordPress Lightbox Plugin